不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

【パワハラ上司その⑤】不動産鑑定士だからこそ不動産以外の仕事を

こんにちは、城山です。

 

今日はパワハラ上司から逃げた話です。

 

 ■大学で集まる。

昨日はお酒を飲みに行ってきました。

オフホワイト企業に勤務しているのですが、

みなさんの会社にも、同じ大学卒で集まって親交を深める、

という飲み会がありませんか?

 

如水会 三田会 稲門会……就活にどれだけ有利?  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO98208860Z00C16A3000000/

 

くだらないと思いつつ、

「学部どこ?」

なんていう本当にくだらない質問をして笑、新入社員と交わる機会は

悪くありません。

 

■日比谷パークフロント

先日、友人に招かれ、日比谷パークフロントを見学してきました。

素晴らしい眺めです!

f:id:buzzlife1207:20180810094300j:plain

日比谷パークフロント

日比谷パークフロントのコワーキングオフィススペース | WeWork https://www.wework.com/ja-JP/buildings/hibiya-park-front--tokyo

  

■前回からの続きです。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

私、一応不動産鑑定士なので、

不動産取引とかも、そこそこ精通してるんですね。

 

ドキュメンテーション作業とか、

スケジューリングとか、

取引に向けての手続きとか、

価格査定とか。

 

やつ(パワハラ上司)が持っていない知識を持っているわけです。

 

やつからしたら、妬ましいわけですよ。

 

かなり年下の私のほうが、能力・経験ともに長けている、

それが許せない。

 

「城山、不動産取引のマニュアルを作ってくれないか?」

「お前のその頭脳のすべてをマニュアル化してほしいんだ。笑」

 

といいつつ、人事部には

 

「あいつは自分の知識や経験に自信を持ちすぎている。

だからE判定(評価はA〜Eで行われる)。」

「あいつは自分の言うことを聞かない。だから追い出したい。」

 

マニュアルを作らせつつ、自信を持ちすぎているからE判定だと?

納得いかねーよ。笑

 前回エントリーしましたが、

あまりに有能だと上司は嫉妬し間違いなく潰しに来る、というやつです。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

■人事からの呼び出し

事情を知った人事から呼び出しがあり、

 

「城山、いまのポジションで働きたいなら、

お前の上司との中を取り持ってやるから、

上司に詫びを入れろ。

 

城山、屈辱でしたが、詫びを入れました。

 

そのときのやつの顔は忘れません。

やつは、ニヤニヤしてました。

 

詫びを入れても、やつは変わりませんでした。

人間、なかなか変わらないですよね。

人間性を変えることができるのは、30代前半までだと思います。

 

■3ヶ月後

詫びを入れたにもかかわらず、やっぱり追放されそうになってしまいました。

 

人事の、

「詫びを入れろ」

と言ってきたやつも異動して、

別の担当になりました。

 

「城山、お前の嫌いな上司との中を取り持ってやってもいい。

でも、ここは異動して、視野を広げてみるのもいいんじゃないか?

いまの仕事なら10年後またやってもいいだろう。

いまと全然違う仕事をしてみるのも、

お前のキャリアにとって必ずプラスになると思う。

考えてみてくれ。

例えば、Aという部署と、Bという部署、どちらがいい?」

 

その担当は、私を退職させたくなかったのでしょうね。

当たり前ですが、入社して育ててきた社員が辞められたら、

今までの投資がパーになりますからね。

しかも不動産鑑定士ですし。

 

ドラフト●位の選手がレギュラーになって、

FA宣言して移籍してしまうようなものです。

 

■業界の成長性

いまのJ-REIT業界ですが、

もはや飽和状態、といってもいいのではないでしょうか。

 

数年前だったら、新たなファンドがどんどんIPOをし、

既存のREITもせっせとPOして物件を買いまくり、

海外の資金が流入し、

金利も低く、

環境としては買い手市場、といってもよかったでしょう。

 

リーマンショック後しばらくはつまづいた時期もありましたが、

オフィスファンド

ロジスティクスファンド

リテールファンド

レジデンスファンド

ホテルファンド

老人ホームファンド(!)

 

もはや出きった感がありますよね。

 

■異動の決断

やつのサイコパス気質は変わらないこと、

REIT市場は飽和状態にあること、

人事からの異動提案があったこと、

 

これで、逃げることにしました。

 

電通の女性が死んじゃった事件がありましたね。

電通で過労死した高橋まつりの「最期の15日間」がエグすぎる https://vipper-trendy.net/dentsu-saigo15

 

精神的に病んでしまうと、

自分で判断できなくなるんですよ。

だから、誰かから強制的にその場から逃してあげないと、

病んでる人はどんどん病んでいきます。

 

異動を提案してくれた人事の担当者には本当に感謝しています。

 

権威を振りかざしてコントロールしようとするなんて、

本当にダサすぎワロタです。

日本ボクシング連盟の山根会長とか。)

 

 「元SMAPの3人は良いタイミングでTVから脱却した」幻冬舎・箕輪厚介が指摘 TV局がタレント干すのは「若い世代から見てダサ過ぎ」 - ネタりか https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180809-81192087-careercn

 

 ■異動とは

異動ですが、

行き先がないと、異動させられないそうです。

当たり前ですね。

 

私なら、まだ若いから、引き取り手がまだある。

 

やつ(40代後半)は、引取先がない。

高給取りなのに能力がないなら、

引き取りたくないのは当たり前ですね。

 

『マーケットバリューがないと、会社にしがみつくしか選択肢がなくなる。』

です。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 あなたには、マーケットバリューがありますか??

 

■移動先

提案された行き先が、

「今後伸びる可能性」

がありました。

いまのポジションです。

 

前回もお話しましたが、

「複数の畑を渡り歩いてきた人は、

浅く広くいろんなことを知っているから、

判断や決断するときに、視点が幅広い。」

 

こっちのほうが、これからの時代は食っていけると思います。

不動産鑑定士でありつつ、他の業界(成長性のある業界)にも精通している。

これです。

 

 

(移動先もまた上司がサイコパスなんです。

わたし、サイコパスホイホイなんでしょうか笑)

 

では今日はこのあたりで。 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)