不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

毎日続けることに意味はあるのか

こんにちは、城山です。

 

■続けていることについて

みなさんは、毎日、または毎月、または毎年続けていることってありますか。

 

「毎日ブログを更新する」

と、やると決めてやっています。

 

鑑定士試験勉強中は、

「毎日勉強する」

と決めて頑張っていました。

 

ふと、毎日続けることってあるかな?と。

 

会社に行く、職場に行く、とかもそうかもしれませんが、

土日休みだったり、定期的に休みがあるじゃないですか。

 

毎日していること、酒を飲むくらいなのですね笑

 

学校に通っていたときは、毎日部活があって、

「めんどくせー」と思いながら、盆暮れ正月以外は

がんばって部活に行ってましたよ。

 

いま毎日やってることって、あるかな?と。

読書とか行っても読みっぱなし、

セミナーに参加しても聞きっぱなし、

なんかもったいないなぁ、というところで、

文字書くなら続けられるかも?

 

というところで、聞いたお話をします。

 

■普通の会社のパワハラ対応1

いま世の中にはたくさんパワハラとかセクハラとか、

自分の想像以上にたくさん事故があるのだろうなと思います。

 

で、最近聞いたのですが、

大手の損害保険会社などは、

「セクハラ(パワハラでもよい)されました〜」

と通報一発で

地方転勤

とかフツーにあるんですね!

すごくないですか?

 

■普通の会社のパワハラ対応2

セクハラで地方転勤が決まった人の送別会が開かれます。

(そんなやつなのに送別会やんのかよ!笑)

 

その転勤が決まった人の隣に、

代わる代わる同僚がやってきて、

励ましの言葉をかけたり、

肩をたたいたりするわけです。

 

で、セクハラさんに、ある上司的存在の人(パワハラ気質)が、

バーン!!

と頭をたたいて、

「何やってんだよ!」

と今までパワハラしていたのをすっかり忘れて笑、

偽りの正義感を振りかざし

 

「おれはお前に期待していたのにセクハラなんかで転勤になりやがって!」

 

励ましたらしいんですよ。

 

セクハラさん、

翌日ソッコーで会社に

「昨日の飲み会で上司にぶん殴られました」

と通報して、

ふたりともいなくなった

らしいです。

 

すげー道連れですよね!!笑

同僚にしたら、セクハラもパワハラもなくなって最高かもですが笑、

いまそんな簡単に飛ばせるんですね。

 

てことは、

自分たちも上司になったときに、

ビクビクしませんか?

 

だって電話一本がきっかけで縁もゆかりもないような地方へ

バーン!!

と飛ばされちゃうわけです。

 

さすがに問答無用ってことはないそうですね。

通報後、さすがに事情聴取とか、周りの人へのヒアリング的な

作業はあるのでしょうね。

 

■毎日続けること

これは、尊いことだと思います。

毎日努力を続ける、文章をかく、トレーニングする、勉強する、とか。

正しい努力なら、いいですね。

 

でも、毎日パワハラとか続けると、

通報されて

バーン!

と飛ばされたりするんですね。

 

いつでも、自分がやっていることを振り返っておかないとですね。

 

■なんで毎日続けることにしたのか

まあこれは、

「毎日やってみたらどうなるかわからないけど、

やらないとわからないから、とりあえずやってみている。」

というのもあるのですが、

藤原和博さんの話を聞いたんですよ。

 

本も読みました。

詳しくはこの記事を読んでみてください。

 

自分を100万分の1のレアカード化させよ――藤原和博氏が語るAI時代にも価値を創出する働き方 | GLOBIS 知見録 https://globis.jp/article/5617

 

わかりやすく言うと、

不動産鑑定士って、世の中にたくさんいますよね。

 

でも不動産業界では100人に一人くらい?だから、希少価値ありますよね。

 

で、ファンドマネージャーも世の中にたくさんいますよね。

 

同じく、100人に一人くらいだから(たぶん)、ある程度の希少価値がありますよね。

 

これだけで、100人✕100人で、1万人に一人の存在なわけです。

  

あとなにかひとつ、100人に一人の能力、経験、知識があれば、

どうなるでしょうか。

1万人✕100人で、

えーっと笑

 

100万人に1人の人間になれるかもです。

f:id:buzzlife1207:20180906105520j:plain

自分がセミナーに行ったときの藤原和博さん

 

続きはまた明日。