不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

AM会社のしごと(アセットマネジメントできる人はどれくらい稼ぐのか?)

こんにちは、城山です。

 

昨日は転職エージェントと面談してきました。

久々の面談です。

この記事からだいたい100日経ちました。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

■転職市場について

間違いないのは、

いまは売り手市場、

つまり転職希望者には有利

ということですね。

 

「ポジションはいくらでもある!」

と言ってました。

 

転職するなら、

やはり2020までなのでしょうかね。

 

アセットマネジメント経験が3年未満だと、

アナリストからスタート。

 

アセットマネジメント経験が5年前後

アソシエイトクラス、

700万円くらいからですね。

 

アセットマネジメント経験が5年以上だと、

おそらくそこそこの人脈もありますので、

バイスプレジデントとか、

基本1,000万円からスタートだそうです。

 

そこから、上積み、

例えばボーナスや、

スタートアップ企業であれば

ストックオプションなど、

提案されるようです。

 

まずはオファーレターをもらうことから

ですね。

 

■英語

でました英語です。

やっぱり英語です。

不動産プレイヤーで一番必要とされているのが

英語です。

 

アセットマネジメント経験が3年以上あって、

さらに不動産鑑定士で、

英語ができるとなると、

基本1,500万円から、

しかも投資部門のヘッドとか。

 

転職市場でも取り合いになるそうです。

 

売り手市場だからこそ、

英語ができれば

いきなりのヘッドやトップも

ありえるみたいですね。

 

■なぜ英語?

英語があれば、アセットが国内に限られず、

世界中で投資できるから、

ですね。

 

国内で不動産を買えてる人って

いないですよね。

 

■英語ができるとは?

TOEICの点数ではなく、

実際に使えるレベルが必要です。

 

日本人なのでネイティブレベルまでは

求められないそうですが、

交渉の際で、

自分の主張をしっかりできるかどうか、

みたいです。

 

まずは履歴書を英語で書くことからですかね笑

 

履歴書はCVって言うそうです。

履歴書(CV)の書き方 | ロンドン留学センター https://www.london-ryugaku.com/cv/

 

同僚は全員日本人で、

上司が外国人で日本語が使えない場合だと、

多少のブロークイングリッシュでもOK

みたいです。

 

20台だと、

読み書きもかなり求められるそうですが、

30台のシニアクラスだと、

口頭での会話だけでいいみたいです。

 

まずは、

TOEICだと750点あれば、

コミュニケーションは可能かな、

と思われるそうです。

 

楽天とかは、900点に足らないと、

給料が10%カットらしいですね。笑

恐ろしい。。

 

■ミスマッチ

企業からの募集案件と、

応募者のミスマッチもあるそうです。

 

扱うアセットは日本国内、

投資家も日本人、

ただしヘッドクォーターは海外

このような場合にミスマッチが起きるそうです。

 

英語が使える不動産プレイヤーは、

海外アセットに取り組みたいわけです。

 

ファンドの扱うアセットは国内アセット。

でも応募者の扱いたいアセットは海外。

 

「あれ?」

みたいになるそうです笑

 

■城山の英語力

TOEICTOEFLは受けたことがありません。

「いまどきそんなやつがいるのか」

と言われそうですね笑

 

だって必要ないんだもん。

 

ただ、

1年くらいベルリッツに通っていたので、

旅行では困らないレベルです。

 

では外資系ファンドに行くには

どうすればいいのか。

「面接の場数を踏むこと」

当たって砕けろで、

「面接を英語で受けまくること」

だそうです。

 

聞かれることって

だいたい同じらしいんですよ。

 

■エージェントはどうやって勉強したのか聞いてみた

お会いしたエージェントは、

25歳くらいまで英語喋れなかった

らしいんです。

 

・ワーホリ

・フィリピン人とのスカイプ

・バーとかにいって外国人としゃべる

・仕事で海外プロジェクトに

    積極的に関わっていく

・TEDを見る

ポッドキャストを聞く

youtubeを見る

・自分の趣味の英文を読む

 

英会話教室に行く必要はないって

言ってました。

 

やっぱりいろいろとやってるんですね。

 

■海外から国内へ進出したいファンド?

オーストラリアやアメリカから

日本へ進出したいファンドって

結構あるらしいんですよ。

 

日本支社を立ち上げるとき、

エージェントに

「英語が使える不動産プレイヤーを

   紹介してほしい」

っていう連絡が来るそうです。

 

■30台以降は即戦力

20台とか、アソシエイトレベルなら、

英語の教育費用込みでの採用とか

あるみたいです。

 

一方、30台だと、

即戦力

人脈

などが求められているので、

英語教育込みでの採用はないようです。

 

読者のなかで、英語を勉強したい、

アセットマネジメントやりたい、

しかも20台、

という人がいたら、

思い切って飛び込んでみるのも

いいのではないでしょうか。

 

30台の読者のみなさんは、

やはりディレクタークラスに

なりますね。

ファンドレイズのトップ

ヘッドオブ〇〇

ですね。

 

■国内VS外資

外資のほうが、

相対的に給料は高いみたいですね。

  

外資かつ英語不要、

さらに2,000万円クラスだと、

建築側の人材に対して需要が高いみたいです。

 

■やるべきこと

やっぱ

英語の勉強、ですね。

 

だって英語ができると、

1,500万円

ですよ。

めちゃくちゃ高給取りとは言いませんが、

それでもかなりの高給取りですよね。

 

年収1500万の世界はこう!年収1500万稼ぐ人の割合と稼げる職業 - Menjoy! メンジョイ https://www.men-joy.jp/archives/376912

 

面談終わって帰宅して、

さっそくスタディサプリ始めました笑

 

ほんとなにから手を付けていけばいいか

わかりませんけど、

やるしかないですよね。

 

勉強法を教えてくれる人って

本当に素晴らしい。

 

ちなみに、

私の勉強法の記事は

かなり読まれているのですが、

なかでもこの記事は

めちゃくちゃ読まれています。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

やっぱり鑑定理論ですね。

 

■話題に出たファンド

こんな会社さんたちが話題になりました。

 

PAG http://www.pagasia.com/ja/

 

物流施設のリーディンググローバルプロバイダー | プロロジス https://www.prologis.co.jp/

 

日本GLP | 高機能かつ環境にも配慮した物流施設 https://www.glprop.co.jp/

 

LaSalle Investment Management : 会社概要 - 会社概要 http://www.japan.lasalle.com/JP/Company/Pages/default.aspx

 

JLL日本 | ジョーンズ ラング ラサール株式会社 http://www.joneslanglasalle.co.jp/japan/ja-jp

 

CBRE Global Investment Management | Real Estate Investment Programs & Professionals | CBRE https://www.cbre.co.jp/ja-jp/global/real-estate-services/directory/investment-management

 

Blackstone - Home https://japan.blackstone.com/

 

丸の内インフラストラクチャー株式会社 https://www.marunouchi-infra.co.jp/

 

三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社 http://www.mc-ubs.com/img/slide03.jpg

 

ロードスターキャピタル株式会社 https://loadstarcapital.com/ja/index.html

 

■おわりに

売り手市場ですね。

英語使えなくても、

募集している会社はたくさんあるみたいです。

みなさんの刺激になれば幸いです。

メイクマネーしましょう。

 

www.buzzlife1a0312758.com