不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一、ほぼ毎日更新している不動産鑑定士のブログです。ためになる情報を発信していきます(たまに下ネタも。)。

パワーカップルってなんだ?月収100万円想定。

こんにちは、城山です。

 

今日はパワーカップルについて、

いい機会なので調べてみました。

 

 

はじめに

みなさんはパワーカップルってご存知ですか?

f:id:buzzlife1207:20190215081716j:plain

パワーカップルのイメージ

 

定義が書いてありますね。

 

でも、よくよく調べてみると、

パワーカップルとは、

「年収がそれぞれ700万円以上を超えている夫婦」

という定義で使われることが

一般的らしいです。

 

そうです、城山夫妻のことです。

 

自分たちがパワーカップルだからこそ、

いろいろと調べてみたくなったのです。

 

ほかのパワーカップルはどうしているのか、

とか、

世の中のすべての夫婦が

パワーカップルではないでしょうから、

パワーカップルではない夫婦は

どうやって生活しているのか、

ですね。

 

専業主婦

城山の母親は専業主婦だったのですが、

自分が結婚するならば、

パートナーは普通に働いている人がいいな

と思っていました。

 

城山のパートナーは運良くフルタイムで働いている女性かつ、

城山と同じくらいの年収を稼いでいるので、

結構安心しています。

 

昔付き合っていた女性のうち、

「結婚したら働きたくない」

と言ってくる女性もいました。

 

そういう女性には、

「うんうん家でゴロゴロしてていいよ〜」

と言いながら心の中では、

「なんだ専業主婦希望か、、この関係も長くはないな。

と思いながら腰を振っていました。

 

それに、こんな本も読みました。

専業主婦は2億円損をする

 

 

世間的にも、専業主婦はどんどん減少していますね。

f:id:buzzlife1207:20190216110557j:plain

専業主婦と共働き


パワーカップルの住宅ローンと支払い賃料は?

家と言えば不動産、

不動産といえば不動産鑑定士

ですね。

 

この記事にはこんなことが書いてあります。

パワーカップルはいくら住宅ローンを組めるか?

https://mansion-uru.jp/power-couple-overview/

 

住宅ローンならいくらまで?

記事では目安として、

「年収の5倍まで、住宅ローンが組める」

 

となっています。

となると、

それぞれ700万円を稼ぐパワーカップルで計算すると、

年収合計1400万円。

その5倍となると、

7000万円です。

つまり7000万円のマンションなら買えるということですね。

 

家賃ならいくらまで?

こんな記事がありました。

 

その年収なら、どんな家に住める?(1) これが「年収別適正家賃」! | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】 https://www.homes.co.jp/cont/rent/rent_00002/

 

年収の25%が年間家賃総額

とのことです。

となると、

700万円を夫婦ともに稼ぐと

合計1400万円。

その25%となると、

年間家賃総額は350万円です。

月額約29万円です。

 

29万円?!

ちゃんと計算しました。

 

家賃に29万円!?

めちゃくちゃいいところに住めそう。。。

 

 

記事では、

年収1000万円の場合、

年間適正家賃は250万円ですから、

毎月の家賃は20.8万円が限度。

年収800万円台と同じく、

賃貸よりも一戸建てや集合住宅の購入を選ぶ傾向が強いようです。

 って書いてあるんですけど、

20.8万円だとしてもかなりいいところに住めそうですね。。

 

ポジショントークとは

ポジショントークとは、

自分の立場、立ち位置に由来して発言を行うことです。

転じて、自分の立場を利用して自分に有利な状況になるように行う発言

のことも指すようになりました。

 

住宅ローンと家賃を払うなら、どっちがいいのか

でましたおなじみの

分譲VS賃貸のバトルですね。

 

賃貸VS購入 住居費、資産性、気楽さ…、それぞれの満足・後悔のポイントを100人に聞いてみた! | 住まいのお役立ち記事 https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/ms_shinchiku/ms_data/hikaku_180510/

 

これってポジショントーク

 

だと思うんですよ。

 

賃貸の人は選択肢があるじゃないですか。

賃貸で住み続けること、

または購入すること、

どちらかを選べる。

だから、

「いつか買いたい」とか

「ずっと賃貸でいい」とか

いいますよね。

 

でも買っちゃった人って、

自分の判断が間違ってなかったと

言い聞かせたいから、

絶対に「買ってよかった」

っていいますよね。

 

転職もそうですよね

自分の判断が間違ってなかったと

言い聞かせたいから、

絶対に「転職してよかった」

っていいますよね。

 

それと似た話で、

買っちゃった人は

いまさら賃貸に戻れないから、

(戻ることは可能ですが)

絶対に「買ってよかった」

っていいますよね。

 

不動産仲介業も、

賃貸より売買のほうが仲介手数料が

多くもらえるから

そりゃ「買ったほうがいい!」

って言いますよね。

 

ポジショントークじゃないでしょうか。

 

あと、買っちゃった人って、

ローン残高のことは言及するけど、

修繕積立金とか管理費も物件によっては

4〜5万円かかるものもありますよね。

そのあたりどう考えてるんでしょうか。。

 

単純に、

7000万円で買えるマンションと、

30万円の家賃を払って住めるマンションを

比較したら、

たぶん、30万円の家賃のマンション

がいいような気がするのですが、

どうでしょうか?

 

ここでは「質」だけ比較しています。

「買ったマンションは貸せる」とか

「家賃は捨ててるようなもの」とかの

議論はしていません。

 

月収100万円

1400万円くらいの年収を月収になおすと、

116万円です。

 

税金等の控除前なので、

手取りだと100万円を切ると思いますが、、

それでもかなりのサラリーですよね。。

 

「家賃は手取りの何割が理想か」

っていう話題もよく聞きますよね。

年収100万円3割だとしたら、

30万円です。

 

住めちゃうのか、、、

なんか落とし穴がある気がするな。。

 

おわりに

ということで、

年収の5倍までローン可能とか、

家賃は年収の3割が理想とか

ほんとに根拠あるんかいな?

と考えつつ、

こんな本を読みつつ、

今日も今日とてマンション見学に行ってきます!!

 

住宅ローンのしあわせな借り方、返し方 (日経DUALの本)

 

 

www.buzzlife1a0312758.com