不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

見た目について考えてみた

こんにちは、城山です。

連休明け、いかがお過ごしでしょうか。

 

■最近見た映画

連休中、「容疑者Xの献身」を見ました。

f:id:buzzlife1207:20180918084217j:plain

主人公のふたり

どうでしょうか。

鑑定士諸兄姉は、

どっちが若く見えますか?

どちらの男性のようになりたいですか。

 

聞くまでもないですね。

 

映画のある部分で、

堤真一演じる石神と、福山演じる湯川は同級生なのですが、

石神が湯川に

「お前は若々しいな、うらやましいよ」

と話すシーンがあります。

 

たしかに若々しいですね。

 

党首討論

昨晩、テレビで総裁選候補討論がありましたね。

自民党総裁選 最後の討論“行政の在り方”巡り|テレ朝news https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000136415.html

f:id:buzzlife1207:20180918084921j:plain

安倍&石破

 

自民党総裁=日本の総理大臣ですから、

本来ならば、

両氏の考え、哲学、政策、経験、実績、、

これらすべてを総合的に比較考量して投票等するべきですね。

 

ここではいったんそれらを脇において、

見た目だけで考えてみます。

見た目だけで、です。

 

みなさん、どっちに投票したいですか。

どっちになりたいですか?

 

石破さん、不断は柔らかい表情で、

写真撮影とかも普通に応じてくれて、

とってもいい人であることは知っています。

 

安倍さんは、髪の毛ふさふさ、スリム&スーツが似合いますね。

勝負どころではイエローのネクタイを締める傾向があります。

若い頃はおそらく「イケメン」だったでしょう。

 

さて、どちらが総裁になるでしょうか。

どちらに投票したいですか?

なんとなく、どっちが勝つのか、

みなさんもわかっているのではないでしょうか?

 

■「勘違いさせる力」とは

最近、こんな本を読んでいます。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

ここで、1974年のカナダのある選挙のことが書かれていました。

選挙調査したところ、

イケメンの政治家は、

そうでない政治家の2.5倍もの票を獲得し圧勝しました。

ここで、イケメン政治家に投票した理由はが重要です。

 

投票者は言います。

「私はイケメンに投票したけど、それは彼がイケメンだったからってわけではないよ。」と。

 

 人々は、「イケメンだから投票した」という自覚なしにイケメンに投票し、

さらに、「人柄が信頼できるから」「経済政策に期待できるから」など、容姿とは別の理由で投票したと思いこんでいたそうです。

 

つまり、イケメンという特徴が、

漠然と「その人が全体的に優れている」というイメージに変換されてしまった、というのです。

 

詳細は本を読んで頂ければ、なのですが、

見た目は大事、ですね。

 

■おわりに

映画では、見た目が若々しいことが重要だったり、

政治家も、イケメンであれば漠然と優秀なイメージに変換されます。

 

仕事でも同じではないでしょうか。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

 結局、何が言いたいのかというと笑、

 

イケメンじゃないとダメ、ということではなくて、

 

見た目は大事なので、

そこに投資することは、

コスパがいいのではないか、

ということでした。

見た目が若いは、武器になる。

見た目が若いは、武器になる。 - 一生劣化せず、今すぐ若返る。禁断の8スキル - (美人開花シリーズ)

 

では。