不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一、ほぼ毎日更新している不動産鑑定士のブログです。ためになる情報を発信していきます(たまに下ネタも。)。

自分のキャリアの作り方2

こんにちは、城山です。

前回の続きです。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

■おさらい

「仕事には、幾つかの節目がある。

その節目は、おおまかに言うと

28歳、34歳、そして40歳と50歳だ」

 

自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。 | Books&Apps https://blog.tinect.jp/?p=24552

 

城山は34歳とします。

 

 

■34歳の変化

まずいちばん大きな変化は、

ブログを始めたことですね。

 

最初は笑えないくらいのPV数でしたが、

今や何十倍となっております。

皆様のおかげです。

ありがとうございました。

 

■アウトプット

発信は大事

アウトプットは大事、

ということで、

自分の経験をもとに

資格のことや

不動産のこと

女のこと

書いてきました。

 

時には妙な人から変なコメントをもらったこともありますが、

概ね順調なブログ運営でした。

 

パワハラ

迷惑な上司もいました。

しかし、

人間万事塞翁が馬

という言葉がありますね。

 

人間万事塞翁が馬 - 故事ことわざ辞典 http://kotowaza-allguide.com/ni/saiougauma.html

 

要は、

幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない

 

ということなのですが、

当時は辛くて辛くて、

ぶっ殺したかったですね笑

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

パワハラ上司と一緒に過ごした時間ですが、

「ああ、こういうタイプの人間も世の中にはいるのだな。」

と思いました。

 

それは、

自分の人間としての幅を広げてくれたような

気がするのです。

 

「人について知らない人は、人と一緒に働けない。

34までに「人とはどういう存在か。どのような価値観を持っているのか」そして「人の多様性」について学ぶことだ。

できるだけ会社の外に出て、人と会って、一緒に働いてみなさい。

どうしたら人がうごくか、自分がこの人と働きたいと思うか、

それを知ることがあなたの人間性を深めることにつながるんだ。」

 

自分のパワハラ上司と、

仕えていてよかったな、と思う上司と

それぞれいて、

好かれているのか、

嫌われているのか。

 

部下が指示に従うのか、

反発しているのか。

 

自分が上司になったらどうすべきなのか、

考えさせられました。

 

そういう意味で、

幅が広がったような気がします。

 

クソ上司も反面教師で自分の人生を良い方向に

転換させてくれたかもしれません。

 

ぶっ殺したいけど。笑

 

フロイド・メイウェザー

ほとんどの鑑定士さんは、

すでに仕事納めを終えてのんびりしているかもしれません。

 

鑑定士受験生は、

頑張って勉強をしていることでしょう。

私も31日の夕方まで勉強をしていました。

 

そこから飛行機にのって

実家に帰省していたような

気がします。

 

フロイド・メイウェザーという

天才ボクサーを知っていますか?

 

こんなことを言っていました。

 

お前が休んでる時、

俺は練習している。

 

お前が寝ている時、

俺は練習している。

 

お前が練習している時、

もちろん俺も練習している。

 

f:id:buzzlife1207:20181229094307j:plain

フロイド・メイウェザー

 

頑張ってください。