不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

【クソ上司その⑥】暴風雨の真っ只中に

こんにちは、城山です。

久々のパワハラ上司シリーズです。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

 

というのも、現在、私が、

パワハラモラハラの暴風雨の真っ只中にいるからです。

 

タイトルも、パワハラ上司から、クソ上司に換えました笑

 

私と同じように、苦しんでいる人がいたら、

共感できるかもしれません。

 

と書いてた先から、朝のニュースでしたね。

体操女子・宮川、協会からパワハラ受けた 18歳「勇気」の主張(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000040-spnannex-spo

 

職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) https://forbesjapan.com/articles/detail/16928

 

■いまの上司

S部長としましょう。

 

サイコです。

やばいです笑

今までで出会った人間の中でナンバーワンにやばいです。

 

私だけがそう言っているなら、

「城山、お前がやべーやつなんだろ?」

と言われるかもしれませんが、そうではありません。

 

会社全員が、

「Sはやばい。」

と言っているわけです。

 

ただし、社長をのぞいて。

これが一番問題です。

 

■サイコとは

 

サイコって、バカじゃないんですよ。

愛想がいいので、社長にはめちゃくちゃ気に入られるんです。

「あなたのためならなんでもします!」と。

自分のために何をすればいいかはわかってるんです。

 

その一方、部下には、

「おまえのためを思って言います。一回死ね。

的な感じなんですよ。

 

それ、私の家族や大切な人に、言えるか?

  

■対応策

「逃げる」一択です。

これはテストに出ます。

 

蛍光ペンでマークして、

ボールペンでアンダーラインを引いて、

ポストイットをつけて、

いつでもすぐ見つかるように、

いつでもすぐ読み返せるように

しておいてください。

 

いまもしパワハラに悩んでいる人がいたら、

この文章を読んだら即、人事部に行きましょう。

 

また、上司からのメールは、人事部の信頼できる人に転送しましょう。

さらに、上司と会話するときは、スマホで録音しましょう。

 

自分を守るためです、

簡単にできることはやっておきましょう。

 

■逃げること

 

例えば不動産鑑定士になる人って、

真面目な人が多いから、

逃げることって、恥ずかしいことだ、

って思う人がいるかも知れません。

 

プライドがある人ほど、

「絶対逃げない!」

ってことで

悪い我慢をする人がいるのではないでしょうか。

 

私もそうでした。

 

私は、鑑定士になって、

会社の中心となり、そこでプロジェクトの中心となって

ビジネスを回していく、

会社のエースになってバリバリやっていくんだ!

そう思って頑張ってきました。

 

で、その中心となれるようなチャンスが巡ってきたわけです。

 

でも、上手にやっていけませんでした。

「なんだあいつ!?」と陰口を言われたことも知っています。

 

目立つ人ほどいじめられるのは世の常ではないでしょうか。

 

悪名は無名に勝る!

と言っても、いつまで耐えられるでしょうか。

 

「好き」の反対は「嫌い」じゃなくて、「無関心」だよな、
無関心でいられるよりも嫌われる方がいいよな、
少なくとも、忘れ去られることはねーよな、、、
これで、いつまで耐えられるでしょうか。
 
どっちかというと、病む人のほうが多いのでは?
 

鑑定士の知識と経験を生かして頑張ってきたのに、、、

 

いろいろありましたが、

追い出されるように、

異動することになりました。

 

すごく悔しかったです。

やるせなかった。

自分が間違っていたのだろうか、

自信がなくなりました。

 

私が間違っていたのか。

自問自答の日々です。

 

異動の選択肢もありましたが、

 

逃げるのはめちゃくちゃ恥ずかしい、

「あいつは左遷されたんだな」って思われたくない、

自分の「できる人キャラ」のブランドは守りたい!

 

その時はそう思っていました。

 

それでも、人事部の助けもあり、

異動して、

新たな部署で活躍できました。

 

で、私はその「新たな部署」で、

また!パワハラ上司に出会い笑、

いま、また異動しようとしています。

 

もし今回異動したら、異例です。

異動してまだまだ時間が経っていないので、

周囲からは、

「あいつまたなんかやったんだな」

と思われることは間違いありません。

 

でも、もう、全然気にしません。

 

周囲からの評判なんかよりも、

自分の心の平安が大事です。

 

まあ、私はパワハラ上司から逃げるのは二回目ですから笑、

前回よりは心に余裕があります。

 

どんな仕事をするか、

それももちろん大事ですが、

それ以上に大事なこと、

誰と一緒に働くか、

です。

ここもテストに出ます。

 

どんな人と働くか、それは、

どんな人と生活するか、それと同じです。

 

自分を守ってくれるのは、自分だけです。

 これだけは言いたい。

今すぐ逃げましょう。

 

今すぐ逃げて、新しい環境を探すのが、仕事です。

自分に合う環境を探すことだけはやめてはいけません。

 

自分のブランドは、逃げた後、もう一回作ればいいじゃないですか。

もう一回ブランディングできます。

 

本当です。

 

■逃げ方

ここは二択です。

 

異動を人事部にお願いする、

または、

転職する、

です。

 

上司の異動は配置転換を期待してはいけません。

上司の性格が変わることも、期待してはいけません。

変わりませんから。

 

自分がコントロールできないことを期待してはいけません。

 

異動の依頼や転職は、まだ自分でコントロールできます。

 

他人に期待しないこと

 

これです。

 

ちなみに私はいま、

異動を人事部にお願いしつつ、

転職にも備えています。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

専業主婦は2億円損をする

f:id:buzzlife1207:20180830085945j:plain

 

■エージェントと会う

 

www.buzzlife1a0312758.com

 これはすぐできますから、やってみました。

 

■元気になる文字を読む

これ、好きなんですよ。

Twitterってご存知ですか?笑

 

 

どうでしょうか、ちょっと大丈夫になったでしょ!

 新人時代の話 ~上下関係について思うこと~ : ケーゴの長いつぶやき http://blog.livedoor.jp/kgo_number10/archives/1055502054.html

 

よし!今日も定時で上がって、ジムに行こう! 

苦しんでるのはあんだだけじゃないぜ!