不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

100万人に1人の存在とは

こんにちは、城山です。

前回からの続きです。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

 

■100万人に一人の存在とは

これは、簡単にいうとオリンピック級です。

10年後に仕事はある?『100万人に1人の存在』になれる方程式 | ホウドウキョク https://www.houdoukyoku.jp/posts/12878

 

正確に言うと、

オリンピックのメダリスト級です。

不動産鑑定士で、オリンピック級の人って、誰でしょうか。

 

100万人に一人の不動産鑑定士

高橋先生でしょうかね。


【資格の学校TAC 不動産鑑定士】不動産系資格の最高峰・不動産鑑定士を目指そう!

 

これはもう突き抜けてしまったパターンですよね。

何人がお世話になったか笑

 

■どうすればいいのか

現状分析とかはできますよね。

 

今、不動産鑑定士であると。

で、不動産業界で経験も積んできた。

これを読んでいるあなたは、

鑑定業界で経験を積んできたはずです。

または別の世界で経験を積んできたはずです。

 

ということは、すでに皆さんは、

1万人に一人くらいの存在にはなっているはずなんですよ。

 

てことは、あとなにかひとつ見つければいい、

そう思うと、気が楽になるのではないでしょうか。

 

■あとひとつの見つけ方

気が楽になるのでは、と言いつつですが、

あとひとつは、、

これが簡単なようで難しいですよね。

 

藤原和博さんは

営業✕経営✕校長、で100万人に一人の存在となり、

あとは講演依頼がばんばん来るような存在になったのではないでしょうか。

 

どうすればあとひとつが見つかるのか、

これは皆さん一人ひとりに回答があると思います。

 

私も正直わかりません。

 

わからないんだけど、

でもやってみないとわかんないから、

文章を書くことにしました。

 

ブログ毎日更新した人、何人いるでしょうか。

 

たぶん、1万人に一人くらいじゃないでしょうか!!笑

 

■頭の片隅に

記事の中で、

「藤原さんにとって理想のリーダー像とは?」

という質問があって、
藤原さんはこう答えています。

「27歳くらいからずっとこう思ってきた。自分の上司は、世の中だ、と」

 

なんだか、「転職の思考法」の文章と、

つながるものがありませんか?

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

上司だけを観ている人=他の会社では食っていけない人

マーケットを観ている人=どこの会社でも働ける人

 

マーケット、すなわち「世の中」ですよね。

 

ふと、コネクトしました。

 

■終わりに

私は不動産鑑定士であって、サラリーマンです。

 

芸能人でもないので、

ふつーの日記書いててもダメなのはわかっています。

 

 

毎日更新して、

もっと文章が上手になって、

一年経ったら鑑定士だけじゃなく、

それ以外の沢山の人に読まれるような、

そんなブログに育てていきたいと思っています。

 

f:id:buzzlife1207:20180906100049j:plain

「やる、言うたらやるんや」辰吉丈一郎

ということで、

皆さんも

あとひとつがみつかりますように。

 

 このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

  

魂の言葉