不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

AM会社のしごと(目指せトップレフト!)

こんにちは、城山です。

 

今日は「ビューティーコンテスト」です。

 

■ビューティーコンテストとは

みなさんが通常イメージしているのは、

女性が内面や外見の

美を競い合って、

一番美しい女性を決める、ってやつですよね。

 

証券会社のビューティーコンテストは、

要は手数料の取り合いです。

 

「ウチの証券会社は一番株を売れます!

ウチは、

別のファンドさんのPOや債権ローンチの際、

大活躍でした!

ウチは優秀です!

ウチからの提案はこうです!

だから!うちを主幹事、

トップレフトに選んでください〜〜〜!!」

 

てな感じで、

熱烈ラブコールをいただくわけです。

 

f:id:buzzlife1207:20181121083844j:plain

ミス上智



■ビューティーコンテストの内容

 

1時間ずつのアピールタイムを、

午前2コマ、

午後3〜4コマ、

プレゼンしてもらうわけです。

 

それぞれの証券会社ごとのキャラが

ありました。

 

みずほ証券さんは真面目で、

「御社ファンドなら大丈夫です。」

と安心させてくれます。

 

SMBC日興証券は自信満々で、

「お任せください!!!」

です。

 

野村證券は、

「ウチなら昨日の新聞でも定価より高く売ります!」

という凄まじい気合です。

 

営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて

 

三菱モルスタは、

ちょっとインテリっぽいイメージです。

 

ゴールドマンサックス証券は、

あんまり外資っぽくなかったですね。

日系の証券会社から転職していった人が

ほとんどではないでしょうか。

 

一時期、外資投資銀行が流行ったので、

ちょっと興味がありました。

「こいつらいくらもらってるんだろう」とか、

「激務なのかなー」とか、

「この資料作るためにどんだけ残業したんだろう。」

とか思っていました。

 

■前のめりな理由

社債発行の手数料なんて

たいしたことないんですよ。

 

社債発行の手数料が欲しいんじゃなくて、

IPOとかPOしたときの手数料を獲得するために、

トップレフトを獲得するために、

日々営業努力しているわけです。

 

 トップレフトとは

金融業界において、

融資や証券引受における主幹事または主幹事の中でも

最も出資額や引受額が多い金融機関を意味する業界用語

出した額の多い金融機関の名前が目論見書などの書類において

一番上の一番左に書かれることが多いため

このように呼ばれるようになった。

「トップレフト」を勝ち取ることは名誉あることであるとされている。 https://www.weblio.jp/content/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%95%E3%83%88

 

 

社債発行手数料なんてたかだか数千万ですが、

IPOとかPOだと

株式発行総額の3%が手数料として

証券会社に転がり込んできます。

 

例えば100億円のPOの手数料は3億円ですね。

 

もうすぐソフトバンクIPOしますが、

その公開総額は、

2兆6460億9465万円

です。

この3%は、約800億円です。

 

ソフトバンクIPO(新規上場)の初値は+10〜20%上昇する! フィスコのアナリストの初値予想から上場スケジュール、主幹事証券会社まで詳しく解説!|IPO株の攻略&裏ワザ情報!|ザイ・オンライン https://diamond.jp/articles/-/185771

 

こういう手数料を獲得するために、

日頃から他社での営業を頑張って、

実績を積み上げ、

「ウチにおまかせを!」

「ウチは主幹事たくさん経験してます!」

とアピールするわけですね。

f:id:buzzlife1207:20181121082541j:plain

主幹事をいくつ獲得したかが重要

 

ただのビューティーコンテストと思って

侮ってはいけません。

ソフトバンクの主幹事やりました!」

といって、

他の会社からも案件を獲得していくのです。

終わりなき競争です。

 

証券会社って、

不動産などの資産は

ほとんど持っていないはずです。

もちろん現金とかは持っていると思いますが。

 

資産を持たず、

ただ気力と体力だけで株を売る、です。

 

ブラックになりやすい業界ではあります。

こちらはその実態を克明に記載してあって、

とても面白いのでお暇な時にぜひどうぞ。

 

野村證券第2事業法人部

 

■終わりに

城山は社債ローンチもIPOもPOも

経験しています。

非常によい経験になりました。

 

東京証券取引所の、

あの鐘を鳴らしたことがある人は、

そんなに多くないのではないでしょうか。

上場記念時にだけ鳴らすことができるあれです。

 

f:id:buzzlife1207:20181121084535j:plain

 

今日はここまで。

明日はファイナンス担当者としての海外出張や、

新規上場や公募増資のことなど。

 

www.buzzlife1a0312758.com