不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

14個の身も蓋もない仕事の法則

こんにちは、城山です。

  

14個の身も蓋もない仕事の法則ってご存知ですか。

 

14個の身も蓋もない仕事の法則 - 分裂勘違い君劇場 by ふろむだ https://www.furomuda.com/entry/20080410/1207806673

  

味わい深い14個の法則です。

これをつくったふろむださんは、

こんな面白い本を最近出版されました。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 ①「単なる知り合い」と「人脈」は全くの別物である。人脈とは、自分のことを高く評価してくれる権力者のことである。

 

今まで、知り合いと人脈の違いなんて、

考えたことすらもなかったですね。

 

世の中には「知り合い」探しに忙しい人もいるでしょうけど、

鑑定士たるもの、

依頼者となるのかどうか、

仕事を助けてくれるのか、

仕事をくれるのか、

「人脈」を意識して行動すれば、

自ずと行動が変わってくるのではないでしょうか。

 

20代の時にあちこちに恩を売りまくっておけ。そいつらはいろんな組織で成長して権力を握り、30代半ばには、強力な人脈になる。

 

上の「人脈とは」と矛盾してしまいそうですが、

20代のうちは、単なる知り合い作りもありかも、

ですね。

 

単なる知り合いが、「人脈」になるかもしれないということを

示唆しています。

 

 ③自分とは違うタイプの優秀さを持った人間を「無能だ」と決めつけて切り捨てるのは、致命的な機会損失である。

 

人間は、価値観や能力が似通った人同士で集まりがちです。

会社もそうですよね。

 

会社でよく、「優秀な人からやめていく」と聞きますが、

それは、その人がまわりから「あいつは無能だ」と

決めつけられることも、

原因の一つではないでしょうか。

 

まさに、機会損失ですよね。

 

 ④客観的なビジネスプランはたいてい役に立たない。自分の熱い主観を企画書にぶち込め。

⑤みんなの良い意見を集めても魅力的な企画にはならない。優れた企画は、たいてい誰かの個人作品である。

 

会社で、各部署のエースを集めて、

新しいビジネスプランを設計せよ、とか、

新事業を計画せよ、とかありますよね。

 

優秀な人間を集めれば、優秀なものができるに決まっていると

思い込んでいるのではないでしょうか。

 

だいたいエースとか呼ばれるような人は、

個性がめちゃくちゃ強いです。

そういう傾向があると思います。

 

そんな個性的な奴らを集めたらどうなりますか?

間違いなくその集まりは崩壊します。

しかも、お互いにいがみ合っての崩壊パターンですね。

 

つまり、

1人の超優秀な人間と、守りの人材を集めて、

小さなグループを作るのが正解だと、

私は思います。

 

超優秀な人のパッションを、

他の人材がフォローしてまとめる、

これが成功パターンだと思います。

 

 ⑥目下の人間にも、上司に対するのと同じだけ敬意を払い、「さん」付けで呼んでおけ。自分の部下を「君」付けで呼んでいると、そいつが抜擢されて自分の上司になったとき、「さん」で呼ばなければならなくなるという屈辱を味わうことになる。

 

これを読んでから、

私は1年目の社員にも、

「さん」付で呼んでいます。

 

これからの時代は、

年下の上司、国籍が違う上司とか、

もっと当たり前になっていくのではないでしょうか。

 

私の業界は、

年下の上司はほぼいないし、

純ドメな会社なので、社員は全員日本人です。

 

なので、「さん」付はなじまない社風です。

後輩は呼び捨てが当たり前。

ですが、意識して「さん」付でいきたいですね。

 

 ⑦ほとんどの人は、建前ばかり並べて会議をするので、思考力が失われ、無難で退屈な結論にしかたどり着けない。

 

みなさんはどんな感じでミーティングしていますか?

 

当然のように会議を延長すること

上席者が思いつきで発言すること

会議をやるのが目的で、何かを決めるのが目的ではないこと

 

こんな感じはないですか?

 

無難で退屈な結論でも、たどり着くならそれでもいいと思います。

ただ、ダラダラと会議を続けるのがマジで嫌いです。

一日中会議をやっていたこともあります。

 

ほんとーに、嫌でした。

 

⑧プライドも建前もかなぐり捨て、身も蓋もない真実を徹底的に追いつめると、人々の感動を生むビジネスプランが出来上がる。

 

これはわかりますね。

仕事も勉強も同じではないでしょうか。

 

不動産鑑定士試験の勉強も、

「合格か不合格か」

という身も蓋もない真実を徹底的に追い詰めると、

感動の合格が待っています。

 

ビジネスも、

「売れるか売れないか」「ウケるかウケないか」

という身も蓋もない真実を徹底的に追い詰めると、

イノベーティブなビジネスプランが生まれるのではないでしょうか。

 

⑨魂を込めて濃い本を書くと、それは転職の時、強力な名刺として使える。

本を書いたことがないので、

こちらは正直わかりませんが、

このブログは、ときにゆるく、ときに魂を込めて書いています。

 

転職のときに武器となるかはわかりませんが笑、

どこかの出版社からお声がかかったり、、、

なんて。

 

それはないか笑

 

⑩ほとんどの人は「会社がお金を儲けること」へのこだわりが薄い。だから、「会社がお金を儲けること」にこだわって仕事すると、上司からも会社からも高く評価される。

 

ちょうど、異動したばかりですし、

次の部署では、いかにマネタイズするかにフォーカスして仕事を

してみようと思っています。

 

「儲かるかどうかわかんないけど、

とりあえずやってみる」

っていうのもアリだとは思いますが、

上司ウケはよくはないですよね。

 

⑪「ほとんどの人が疑わない常識」を疑うと、大量のビジネスアイデアがあふれてくる。

 

これこそがイノベーションだと思います。

スマホもそうですよね。

 

いままで携帯電話は、

キーボードで文字を打つのが常識でしたが、

それを指で画面操作するという、

誰でも簡単に操作できるようにしたこと、

 

スマホで大量のビジネスが産まれましたよね。

 

⑫「好きなことをやる」ことではなく、「やりたくないことをやらない」ことを優先しろ。

 

私の異動は、これです。

 

前の部署の仕事は好きでしたが、

この上司と働くのが嫌だ、やりたくない、

でした。

 

これはQOLを上げるいい方法だと思います。

 

⑬講演をすると、ヘッドハントの手紙、メール、電話が来る。

 

講演ですか!笑

なかなか大変ですね。。

 

可能性として、、、

不動産鑑定士試験勉強中のみなさんと会ってお話する、

というのはアリですかと思いますので、

もしご希望の方はご連絡下さい。

 

⑭自分の欠点だと思っていることが、他人から見ると長所になることは意外に多い。たとえば「自分の意見をもたない」人が「他人と衝突しにくい」という点が評価されて、組織の長に抜擢されたケースがある。

 

そうですよね。

さっきの③や④⑤とも関連しますが、

全員がスターである必要はないと思います。

スターができないことをカバーできる、

それが必要とされる場面もかならずあるはずです。

 

不動産鑑定士も、

弁護士ほど法律には詳しくないし、

会計士や税理士ほど会計税務に詳しくないですけど、

「不動産」の知識は負けないはずです。

 

■終わりに

三連休ですね。

台風は来ますけど。

 

勉強に趣味に打ち込むにはちょうどいいですね。

 

やっぱり三連休ってちょうどいいですよね。

休んだーという気になれませんか。

リフレッシュできるというか。

 

または、水曜を休むと、これはこれで

いいと思います。

 

想像してみて下さい。

月火働いて、

水曜休んで、

木金行ったら、

土日休み。

最高ですよね。

 

きっと多くの人が考えたことあると思いますが笑

f:id:buzzlife1207:20181006105418p:plain

では。