不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

ディベロッパー本社のオフィスについて(新日鉄興和不動産)

こんにちは、城山です。

 

今回は、新日鉄興和不動産さまの新オフィスのご紹介です。

前回は、三菱地所さんでした。

 

www.buzzlife1a0312758.com

 

 

新日鉄興和不動産さんも、日経ニューオフィス賞を受賞されています。

 

e7c20d1794a6569f4fa5e852ba4333fc529fa331.pdf http://www.nskre.co.jp/company/news/e7c20d1794a6569f4fa5e852ba4333fc529fa331.pdf

 


赤坂の再開発 5000平方メートル超の緑地を創出へ

 

 ■エントランス

f:id:buzzlife1207:20180906162323j:plain

受付の様子

めちゃくちゃきれいです。

超クール!

 

以前の青山のオフィスにもお邪魔したことがあるのですが、

青山も、すごくおしゃれな感じでした。

 

f:id:buzzlife1207:20180906162248j:plain

受付うしろ

壁にアート作品がついています。

おしゃれですねー。

 

不動産業界って、なんとなく

アートとは無縁の世界、

という印象です。

(あくまで私の印象、感想です。)

 

こうやって会社の顔となるエントランスに

アート作品があると、

この会社おしゃれだな、

という好印象がもてますよね。

 

 

■ミーティングルーム

f:id:buzzlife1207:20180906162241j:plain

会議室

半透明になっています。

 

ところで、、

会議って、どうしても長くなってしまいませんか?

 

しかも、生産性が高いとは言えない話題で長くなってしまったり、

前と同じ話題を繰り返したり、

 

結論の出ない話題で終わらなかったり、

グチ大会になってしまったり、

上司が理不尽な理由で部下を叱責したり。

 

それって、

外部から見えないから

ではないでしょうか。

 

外部から、少しでも見られていたら、

グチを言ったり、

生産性の低い話題で盛り上がったり、

そんなことは減るのではないでしょうか。

 

半透明にしている理由は、そのように、

外部から心理的に遮断されていない状態を作り、

無駄に会議を長くすることをすこしでも避けるためだそうです。

(たしかそうだったはずです。)

 

三菱地所さんのミーティングルームも同様に、

壁が半透明でした。

 

あとは、会議室の外で待っている人がいたら、

早く終わらせなきゃ、

となりますよね。

 

見えないから起こってしまうことを、

見えるようにしちゃえばいい。

なるほど、ですね。

 

■社員食堂

衝撃的でした。

f:id:buzzlife1207:20180906162301j:plain

メニュー

やす!!!

 

カレー200円

ラーメン180円

スパゲッティ220円

ハンバーグ230円

焼魚180円

 

これ、1回のランチで2食たべちゃうやつですね。

若手社員は大変助かっているのではないでしょうか。

東京、しかも本社が赤坂ですから、

外でランチすると1,000円くらい普通にかかっちゃいますよね。

 

社員は昔からこれくらいの価格設定だったそうです。

(味はどうなんでしょうか。食べてみたかった。)

会社が社員を大事にしている感が伝わってきますね。

f:id:buzzlife1207:20180906162255j:plain

スーラースープ これ毎日飲んじゃうやつ


■社内カフェ
 

f:id:buzzlife1207:20180906162309j:plain

カフェ?

三菱地所さんにもあったのですが、

社内におしゃれなカフェがありました。

 

たしか、価格も超お得な感じでした。

 

17時(たしか17時でした)以降はアルコールも提供していて、

社員同士で飲んだり、

お客さんと軽く飲んだり、

パーティをやってみたりできるそうです。

 

食事のケータリングも可能で、

私がお邪魔したときは、

簡単な立食パーティーが開かれていました。

 

これ、コミュニティの形成や、

コミュニケーションの促進などに、

大いに役立ちますよね。

 

夜も、赤坂で飲みに行くと、

安くても5,000円くらいするはずです。

 

(値段は忘れちゃいましたが)ビール一杯200円

とかなら、繁盛しますよね。

 

居酒屋の宴会コースで5,000円払うより、

自社のオシャレなオープンスペースでささっと1時間くらい懇親会、

のほうが全然いいと思います。

f:id:buzzlife1207:20180906162316j:plain

しかも、眺望は最高です。

 

■おわりに

このように新日鉄興和不動産さんも、三菱地所さんも、

オフィスのあり方を再定義しようとしています。

 

いままでのオフィスは、ただ働くだけの場所でしたが、

これからのオフィスは、働くことに加えて、プラスアルファの場所、

そうあるべきではないか。

 

平成も終わるというのに、

昭和の働き方、昭和のオフィス、昭和の上司、、、

まだまだ時代遅れの決めごとが多く残されています。

企業はこのままではゆっくりと右肩下がりで衰退していきます。

 

人間とは、そもそもクリエイティブな性質を持っているから、

それを存分に発揮してもらうためには、

どうすればいいのか。

 

または逆に、無駄なことが多いから、

機能をできる限り減らして、

オフィスでの働きやすさを追求するべきでなはいか。

 

このテーマだけでいろいろと書けそうですね。

みんな真剣に考えているのだなぁと伝わってきますね。

 

不動産鑑定士としても、いろんな会社さんのオフィスにお邪魔して、

これからも知見を増やしていきたいです。