不動産鑑定士のブログ 〜坂の上の雲〜

日本で唯一(ほぼ)毎日更新する不動産鑑定士のブログです。

【不動産鑑定士試験合格の思い出その4】失敗から、再チャレンジ決意まで

【失意の失敗から、再チャレンジ決意まで】

 

圧倒的敗北、高すぎる壁、合格までのとんでもない距離感をまえに、

もう鑑定士試験の勉強、やめてしまおうと思いました。

 

季節は10月、秋、週末は他にすることもなく、ちょい鬱だったかもしれません。

 

やめちゃおうか、と思いましたが、再チャレンジしてまた3年かかったとしてもまだ3x歳ですし、先輩から諦めるには早いのでは、と助言ももらいました。

 

このときの先輩にはマジ感謝しています。

その先輩も金融系の、けっこう難しい資格保持されていましたが、2~3時間くらい、「諦めるには早すぎる、もう一回だけトライしてみたら」的な内容をこんこんと語ってくれました。

 

もしかしたら、誰かに「もう一度やってみろ」と、背中を押してもらいたかっただけかもしれません。

たしかに、正直負け犬で終わるのはいやでしたし。。

 

TACの講座申し込みのとき、いろいろと申し込みすると、30万円くらいするんですよね。

 

安くはないですよね。ぽんと払える金額ではない。この30万円があれば、いろんなことできるな~買えるな~とか。

金銭的な部分も、一歩踏み出せない理由ではありました。

 

 

それに、受験生が減った減ったと言われていましたが(今も言われているか)、

再チャレンジしたところで必ず合格できる試験でもないじゃないですか。

 

ここで、改めてこの3年間を振り返ってみました。

 

見城徹さん風に言いますと「自己検証、自己嫌悪、自己否定」というやつですね。

 

恥ずかしながら気づいていましたが、

この3年間、暗記や論述、答練の提出等、仕事があることとかを言い訳に、

苦しいこと・面倒なことから逃げ続けてきました(マジメか!笑 でも紛れもない事実です。)。

 

実は、大学受験も浪人を経験してまして、、オツムのスペックは正直そんなに良くないと思います。

でも当時は不合格という失敗を活かして、◯浪目に第一志望の学部へ合格できた、という成功体験はあったんですよ。

だから、

浪人時代と同様に今回も1回目の失敗を活かして、しっかり作戦を立てれば、絶対に合格できると思い直し、言い聞かせ、奮い立ち、再チャレンジを決めました。

 

当時アラサー、仕事でも資格でも、なんにも結果出してない。

結婚もしていない、何に対しても中途半端な自分。

 

そこで、最初に目を通しておけばよかったのですが、いろんな媒体に書いてある合格体験記とか、合格者のブログとかを探して読み(いまあなたが読んでいるこのブログのように笑)、

合格した人はどのような勉強をしているかを調べ、合格までの計画を練りました。

 敵を知る、って、大事ですね。

 

つづく

 

 

buzzlife1207.hatenablog.com

 

 

buzzlife1207.hatenablog.com

 

 

buzzlife1207.hatenablog.com